品質管理とメンテナンス

PR|品質管理に役立つおすすめISOセミナー

サービス業、特に事務関係において安全管理という部分がずさんであることが浮き彫りになってきています。特に備品のメンテナンスがずさんであることを目の当たりにし、指摘したこともありました。これらは事故の原因ともなる為、重要視すべき問題でもあると同時に備品在庫をどのくらい抱えているかを把握するのに必要なことです。

その一つとして、コードリールを挙げてみたいと思います。

コードリールは合成樹脂による電線を巻いたコンセントです。合成樹脂の中には伝導体であるニクロム線が2本あるいは三本あり、電流を通すのですが、伝導体には抵抗というものが必ず存在しています。ヒーターや電球などはその抵抗を利用して発熱や光源を確保していると言えばお分かりでしょう。これらも同じく電流を通すことで抵抗を介し熱を発生させます。それはジュール熱と呼ばれ、やがて樹脂被覆を融解させ、電線のショートによる繋げていた機器の損傷や感電。あるいは出火の原因となります。

また汚れや傷などでも融解の度合いは変わってきます。例えば、油による汚れ。これは樹脂を劣化させ硬化させます。その部分から亀裂を生み、ショートや融解を招く恐れがありあります。濡れたコードリールをそのまま使うのも危険です。巻いているコードリールは熱が籠ります。その温度は電流によって変わり、蒸発した水分が蒸発して籠ります。コード樹脂であるポリ塩化ビニルの熱耐性は60℃~80℃。融点は85℃から210℃です。また融解せずとも樹脂の劣化にもつながる為、雨天使用後などはしっかりふき取ることが必要です。

身近にある備品一つでも品質の管理を怠ると重大な事故につながります。消耗品だから買い換えれば済むと思う方も事故が起こる前ならそのように言えるでしょう。しかし、その買い換える判断はどこで決めるのでしょうか?そのことを踏まえメンテナンスというものが必要ということを理解してほしいと思います。

PR|初値予想|お小遣いNET|心の童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の口コミ.COM|オーディオ|内職 アルバイト|サプリメント|お家の見直ししま専科|GetMoney|家計見直しクラブ|健康マニアによる無病ライフ|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|