コメントする

営業部隊への感動経営研修

私が勤めている会社では、一時期「感動経営」という営業の手法を学んでいました。顧客満足や自分のファンになってもらうためのやり方です。

人は必ず「名前を命名」されてこの世に生まれてきます。その名前には親の想いが込められていますので、必ずなにがしらの感情があります。感動経営では、その「名前」に注目をして、徹底的に誉めちぎるやり方です。

例えば、相手の名前の名前の一漢字事の意味を調べ、その人の雰囲気や考え方に合致する文章を書きます。また、相手の名前の漢字を使った名前ポエムを書いたりします。

その時に、背景や渡すときの音楽などの演出も一緒に行うことでサプライズ感をより高めることができます。自分の名前をこれでもかと誉められるとやっぱり悪い気はしません。研修では、お互いに作りあって発表し合います。

顧客にたいして行ったときの反応は、驚きながら嬉しがっている人が多いです。なかなかしてもらう機会もないと言われることが多かったです。

タイミングとその人との関係性などを考慮して行うのであれば、効果的な方法です。

PR|http://www.technofer.co.jp/|

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です