コメントする

老人介護現場での節約とリサイクルの意識。

私の働いている職場は介護現場です。ISOセミナーの受講後、職場での意識が高まりました。

電気(電灯)は24時間365日ついているため、節約の対象はエアコンやパソコン、コピー機になります。使用時以外はかならず電源を抜くよう心がけています。
エアコンはなるべく一定の温度を保つようにしています
電灯はすべてLEDに変え節約を意識しています。

介護現場ではごみは大量にでます。ゴミを出さないのはむずかしいのでごみ袋をできるかぎり少なく使用するようかんがえています。なるべく一袋にまとめて出すを心がけています
職員は自分で出したゴミを自宅に持ち帰ることでコストも抑える努力もしています。

紙の節約ですが 介護現場ではすべての業務に紙を使用するため、使用後の紙は日めくりカレンダーをつくったり、メモ帳にしたり、裏面を自由帳にしたりと絶対にすぐには捨てず、かならず再利用をするようかんがえています。節約とはリサイクルになると考えているため、捨てるより使う、まだつかえる?を考えて使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です