コメントする

会社の紙節約に対する取り組みとは

私が勤務をしているのは高齢者が入居をしている介護施設です。人材育成でISO研修を受けた職員がおり、そのため、高齢者の体調などに配慮して、電気などの節約にはあまり取り組むことが出来ないのですが、その代わり紙の節約は徹底していると思います。
まず、メモ用紙などは私の働いてる会社では購入したことがありません。新聞などと一緒に入ってくるようなチラシの紙を、入居をしている高齢者の方の手先のリハビリと称してメモ帳作りを行っています。また、施設内で利用されるような資料作りなどは裏紙を使うことを徹底されており、裏紙を保管する箱というのが各部署に配置されています。
更に、最近では紙を節約するために、施設内だけで行われ、外部がいないような会議においては資料を印刷せずに、各部署に配置されたタブレットに情報を送るようになっています。これまでは社員の人数分は会議の文章を印刷しなくてはならなかったのですが、タブレットに資料の文面を送るようになってからは、紙は大幅に節約をすることが出来るようになっています。勤務表などもタブレットに表示されるようになり、職員はメモをしたり、自分のスマホやパソコンに送ったり、画面をスマホなどで撮影して自己管理をしています。これだけでも紙の節約に大きく繋がっていると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です